銀行などが提供しているカードローンを利用するには、審査を受ける必要があります。銀行などは審査の際に信用情報登録機関から信用情報を提供してもらいます。こちらの信用情報には、過去のカードローンやクレジットカードなどの支払い履歴や申し込み履歴などが記録されています。銀行はその情報を参考にしますが、過去に支払いに関する遅れの情報がある場合には銀行としては、カードローンのサービスを提供した場合不良債権となる可能性を考えます。またクレジットカードや他の銀行カードローンの連続申し込みをした場合でもお金に困っていると銀行は判断するので、そのような状態である時にもカードローンの融資を受ける事が難しい場合もあります。
このような状態の人がカードローンの融資を受けるには、信用情報登録機関からこのような情報が削除されるまで待つ必要があります。支払いに関する情報だと最後の支払いから5年経過する必要があり、クレジットカードなどの連続申し込みの情報は最後の申し込みから半年経過する必要があります。自己破産した場合だと、10年は待つ必要があります。そこまで待つとクレジットカードやカードローンの審査に通過する可能性が出てきます。
また便利なおまとめローンの審査基準は、銀行によって変わってきます。